, ,

KDG70 LED投光器


超高輝度・耐振動・完全防水

配光角度は広角/狭角の2種類。 耐衝撃設計の為、振動の多い重機などへの装着にも安心。 12Vから48Vのバッテリーまたは直流電源で動作しますので、12V車、24V車、48V車でマルチに使用出来ます。 IP68相当の完全防水設計でクルーザーなどの船舶用としても十分な耐久性を誇ります。漁船のデッキライトや集魚灯としても活躍します。


高性能LEDと高効率リフレクターを搭載

高効率・低発熱のCREE社製LEDを配光別に選定。スポット(N)は「XP-L Hi」、ワイド(W)は「XM-L2」を搭載し、高効率リフレクターを組み合わせることで、ムラを抑えて高照度かつ、低消費電力での運用を可能にしました。


HID投光器同等サイズ以下の小型設計で容易に代替可能

HID投光器同等サイズ・HID以上の明るさをコンセプトに開発しました。今までHID投光器を使用していた場所へ簡単に設置できます。


配光へのこだわり

HID投光器は大型リフレクタの中心にバルブがあり、狭角設計が容易でしたが、LEDは同様の配光設計が困難で、レンズ配光の場合は限界がありました。リフレクターの精密設計と発光面積の小さいハイパワーLEDを組み合わせる事により、HID投光器(スポット配光)に近いビーム角を実現しました。


頑丈なアルミダイカストボディーを採用

アルミダイカスト製のボディーを採用する事で、耐震性能と放熱性能を高めました。固定に重要なブラケットは鉄を採用し、耐振動性を高めました。


現場からのフィードバックによる安全設計

配線の隙間からの湿気吸込みや突入による故障など、施工ミスによる故障を未然に防ぐ為、コネクター裏をパッキンとポッティング処理により完全密封し、サージ吸収素子を内蔵しました。また、絶対的な対応電圧をワイドに設計していますので、瞬間的なパルスやノイズの耐性も高いです。


オプションの電源装置でAC100V/200Vにも対応可能

工場内照明やホイストクレーンなどでの使用の為、弊社では電源装置も用意可能です。使用灯数や配置予定・電源ラインの距離などから、最適な電源装置を提案させて頂きます。


リフレクター変更でさらに明るくなりました

スポット配光(N)は200m先で5lxを達成。従来のHID投光器以上の能力で長距離照射を可能にしました。


配光 型番 照射角度
SPOT KDG70-N 10°
WIDE KDG70-W 48°
サイズ Φ154×88.5mm
重量 1950g(ブラケット含む)
初期消費電力 57W(25℃環境)
定格消費電力 55W(25℃環境)
色温度 6000k
防水等級 IP68相当
定格電圧 直流 24V
対応車種 直流12V/24V/48V車
動作電圧 直流 12V~80V
使用LED CREE
全光束 3621lm(N)
5028lm(W)
耐振動 8.6Grms
LED寿命 20000~50000h
使用環境温度 -30~40℃
対応湿度 100%
OEM 対応可能
付属品
コネクタ付電源ハーネス(800mm以上)・ブラケット・緩み防止ボルトナット(ステンレス製)
材質
筐体:アルミニウム、レンズカバー:ポリカーボネイト、ブラケット:鉄(紛体塗装)
用途
クレーン車、トンネル検測車、消防車、鉄道保線車両、レール削正車、特装車、投光車、船舶、集魚灯、自動搬送機、自走式キャリアなど
寸法図[mm]
 
配光特性

関連商品

  1. KDG40-Y LED濃霧灯

    KDG40シリーズの濃霧灯タイプ。HID投光器代替用に最適です。スポットタイプとワイドタイプの2種類をラインアップしました。

  2. KDG40X 高強度ブラケット採用LED投光器

    高強度ブラケットを採用し、多点支持が可能なため、振動の多い保線車両や建設機械にも最適です。

  3. HDF-P01 合図灯付LED懐中電灯

    合図灯付きLED懐中電灯。プッシュスイッチ式で、メインライト点灯→赤色灯点灯→赤色灯点滅の順番に切り替わります。クリップ付きなので、服やベルトに引っ掛けて使用できます。

  4. KDG40-H/HG ハンドル・グリル付LED投光器【受注生産】

    KDG40をベースにハンドル・グリルガードを装着したモデルです。配光角度は広角/狭角の2種類。消防車両、鉄道保線車両に多数実績あり。

  5. KWG06 LED投光器

    検査用・手元照明に最適な超小型LED投光器です。工場の手元灯や検査機器の照明デバイス、ロボットのカメラ照明に最適。

  6. KDX605 高出力LED投光器

    水銀灯、メタルハライドランプの代替に最適な大光量LED投光器です。配光角度は狭角/中角/広角の3種類をラインアップしました。

ページ上部へ戻る